日本で自動車を運転するためには運転免許証が必要です。このサイトでは、意外とわかりにくい運転免許証の種類や取得方法について紹介していきます。

自動車教習所に通わなくても免許はとれる?

運転免許を取得するには、自動車教習所を卒業して技能試験免除を受ける方法と、運転免許センターで全ての試験を受ける一発試験があり、それぞれの取得方法の特徴を紹介しています。

免許合宿と通学はどっちが良い?

運転免許を取得する場合、自動車教習所を卒業して試験を受ける方法が一般的です。近くの自動車教習所に通う方法と、地方の教習所に合宿に参加する方法の2つに分かれ、それぞれのメリット、デメリットを紹介しています。

一発試験を受ける場合のポイント!

一発試験での運転免許の取得は非常に合格率が低いですが、試験であるということを認識して、対策を出来ていないことも要因として挙げられます。一発試験を受ける際に特に注意すべきポイントについて紹介しています。

運転免許の受験資格ってあるの?

運転免許を取得する際、普通自動車免許、普通二輪免許、大型二輪免許、二種免許などそれぞれの免許の受験資格を満たしている必要があります。それぞれの運転免許の受験資格について紹介しています。

日本で運転免許証を取得する方法

日本で運転免許証を取得するには、2つの方法があります。

公安委員会指定自動車教習所を卒業して
取得する方法

1つ目は、公安委員会指定自動車教習所を卒業して取得する方法です。自動車教習所を卒業し、運転免許センターに行き適性検査・学科試験(技能試験は教習所を卒業しているので免除)を受けて合格すれば運転免許証を取得することができます。
また、自動車教習所の通い方にも種類があり大きく分けて、通学と合宿があります。合宿での教習は一般に、人が少ない地方で多くあり、全てスケジュールを決められていることから通学よりも安く、短い期間である傾向があります。

運転免許センターで直接技能試験を受けて
取得する方法

2つ目は、運転免許センターで直接技能試験を受け、合格すれば運転免許証を取得することができます。
自動車教習所に通い、卒業するというのはあくまで「技能試験免除」の資格を得ることが目的であり、運転免許センターで直接技能試験を受けて取得する事も可能なのです。
しかし考えてみればわかるように、ただでさえ試験で緊張するにもかかわらず、初めて乗る車、初めて走る広いコース、さらに試験管は現職の警察官という状況ですので、教習所で取得するよりも圧倒的に難易度があがります。